2019年 クシタニの新作 秋冬ジャケットをチェック! その2




それでは前回に引き続き、2019年、秋冬の新作テキスタイル防寒ジャケットをチェックしていきましょう!

ACUTE JACKET(アキュートジャケット)

画像参照元:KUSHITANI公式HP

KUSHITANI(クシタニ) ACUTE JACKET(アキュートジャケット)の基本情報

■素材:〈表〉ナイロン100%(puコーティング/初期耐水圧10,000mm,透湿性3,000g/㎡/24h)、別布/牛革(①③④)、ナイロン100%

〈裏〉ナイロン100%
《インナー》〈表〉ナイロン100%〈中綿〉ポリエステル100%(シンサレート™フェザーレス)

〈裏〉ポリエステル100%

■仕様:プロテクターパッド別売り

■カラー:①ブラック②ブラック/イエロー③シルバー④レッド

■サイズ:M、L、L/XL、LL、XL

■価格:45,000円(+税)

クシタニの秋冬スポーツライディング用ジャケット

アキュートジャケットは冬でもスポーツライディングが楽しめるようにデザインされたジャケットです。

耐摩耗性、引裂き強度を高めた固い生地を使用しており、安全性を向上させています。

しかし、安全性を高めつつも、運動性はしっかりと確保されています。

胸と肩の生地が切り離されていて、そのつなぎとしてストレッチニット素材が使用されているため、肩部の可動域はかなり高いです。

タイトそうに見えますが、サイズ感はあまりタイトではないです。

着用したあとに、腕、脇、裾の調整タブで幅を調整して絞る感じですね。

調整代が多くて、自分の体形に合わせやすく、着やすいです。

どんなバイクと相性がいい?

バイクのデザインの相性で選んでもいいんですが、

このジャケットは目的で選ぶジャケットの内の1つだと思います。

ジャケットの設計思想通り、スポーツライディングとの相性がピッタリです。

体を大きく動かしても体の動きを妨げず、転倒などの万が一の時でも強度の高い生地が体を保護してくれます。

デザイン的には、SSやレーサーレプリカのバイクとの相性が非常にいいですね。

また、スポーツ走行はしなくても、肩回りの優れた運動性で、前傾姿勢を十分にサポートしてくれるという意味でも相性がいいです。

ネイキッドスポーツタイプとも相性がいいでしょう。

KUSHITANI(クシタニ) ACUTE JACKET(アキュートジャケット)のイチオシポイント

●強度の高い生地が使用されている

●体を動かしやすい設計、かつ脇まわりにストレッチ素材が使用されているので、運動性が高い

●上腕部、前腕部にバタつきを防止するタブがついているので、走行に集中できる

●脇幅、裾幅と2か所幅を調整できるタブが付いていて、体にフィットさせやすい。

KUSHITANI(クシタニ) ACUTE JACKET(アキュートジャケット)の残念なポイント

●”MOTO PERFORMANCE”ロゴの主張がデカい

●高額な割には透湿性が低すぎる。3,000g/㎡/24hはワークマンの安物レベル

●透湿防水性能は3年程度で無くなり始める




WINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)

画像参照元:KUSHITANI公式HP

KUSHITANI(クシタニ) WINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)の基本情報

■素材:〈表〉ポリエステル100%(puラミネーション/生地初期耐水圧10,000mm以上,透湿性1,000g/㎡/24h)、別布/ナイロン100%

〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ)
《インナー》〈表〉ナイロン100%〈中綿〉ポリエステル100%(シンサレート™フェザーレス)

〈裏〉ポリエステル100%

■仕様:プロテクターパッド別売り

■カラー:①ブラック②レッド③ブルー

■サイズ:M、L、LL、XL

■価格:43,000円(+税)

クシタニのソフトな秋冬スポーツライディング用ジャケット

こちらのウィンターテックジャケットもアキュートジャケットと同じようにスポーツライディングのためにデザインされたジャケットです。

アキュートジャケットとの最大の違いは生地の柔らかさ。

アキュートジャケットは耐摩耗性、引裂き強度を高めた固い生地ですが、

ウィンターテックジャケットは鞣した革のようなしっとりとした柔らかさです。

ADOLE JACKET(アドーレジャケット)と同じ生地を使用しています。

フラットシーマ縫製を採用しているので、縫い目でストレッチ性が妨げられることなく、

ストレスなく生地が伸びてくれます。

そのため、運動性能は非常に高く、その点においてはアキュートジャケットよりも優れています。

どんなバイクと相性がいい?

ベースはスポーティーなデザインなので、SSやレーサーレプリカ、スポーツネイキッドのバイクとの相性が非常にいいです。

生地にエンボススラブ調の柄が施されているのが、スポーティーになりすぎるのを抑えていているため、着方によっては、様々なタイプのバイクとも合いそうです。

ただ、エンボススラブ調の柄によってスポーティーさが抑えられているといっても、

スポーティーなジャケットなのは確かです。

ですので、クラシカルなバイクとの相性はあまり良くなさそうです。

KUSHITANI(クシタニ) WINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)のイチオシポイント

●柔らかい生地、フラットシーマ縫製で動かしても殆どストレスがなく、運動性が非常に高い

●上腕部、前腕部にバタつきを防止するタブがついているので、走行に集中できる

●脇幅、裾幅と2か所幅を調整できるタブが付いていて、体にフィットさせやすい。

KUSHITANI(クシタニ) WINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)の残念なポイント

●高額な割には透湿性が低すぎる。1,000g/㎡/24hはさすがにちょっと……

●透湿防水性能は3年程度で無くなり始める

WINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)についての詳しい記事はこちらから!

今回紹介するWINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)は、2019年の秋冬新作モデルです。 ウィンターテックジャケットは、SSタイプなどのスポーツタイプのバイクにあうように、スポーティーにデザインされたジャケットです。




WINTER TEAM JACKET(ウィンターチームジャケット)

画像参照元:KUSHITANI公式HP

KUSHITANI(クシタニ)WINTER TEAM JACKET(ウィンターチームジャケット)の基本情報

■素材:〈表〉ナイロン100%(タッサー)(puコーティング/生地初期耐水圧10,000mm,透湿性3,000g/㎡/24h)

〈中綿〉ポリエステル100%

〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ)
《インナー》〈表〉ナイロン100%〈中綿〉ポリエステル100%(シンサレート™フェザーレス)

〈裏〉ナイロン100%

■仕様:プロテクターパッド別売り

■カラー:①ブラック②グリーン

■サイズ:M、L、LL、XL

■価格:35,000(+税)

オリジナルのネームやロゴがプリント可能なライディングジャケット

ウィンターチームジャケットはチームプリントに対応しています。

オリジナルのロゴやイラストを、右胸と背中上部にプリントすることが可能です。

チームでお揃いのジャケットを揃えるときに重宝しますね。

かとって、ジャケット本来の機能がおろそかになっているわけではありません。

基本的なジャケットしての機能も十分備えています。

まず、バタつき防止のタブが上腕と前腕部に付いています。

防寒対策の機能も付いていて、

フロントファスナーの内側にも、さらにファスナーがあり、

2重ファスナーで、より寒さをシャットアウトできるようになっています。

ウィンターチームジャケットはインナージャケット無しのアウター1着のみです。

ですが、中綿入りで、このジャケット1枚でもある程度の防寒性能はあります。

アウタージャケットとしては、クシタニのカジュアル寄りのジャケットよりも

防寒性が高いと思います。

(アニフェスジャケットと比較した場合はアニフェスジャケットの方が上かなぁ)

サイズ感としてはクシタニのテキスタイル防寒ジャケットの中では、もっともゆったりしています。

しかしながら、昨年のサイズよりも、ちょっとタイト気味になっている感はあります。

少しばかりスタイリングにも気を使ったのでしょうか。

どんなバイクと相性がいい?

シンプルなデザインなので、どのバイクともマッチすると思います。

袖と裾が総ゴム仕様なので、防寒的にはいいのですが、

カジュアルにバイクに乗りたい方には合わないかもしれません。

KUSHITANI(クシタニ)WINTER TEAM JACKET(ウィンターチームジャケット)のイチオシポイント

●好みのロゴやネームを入れることが可能

●フロントファスナーの内側にさらにファスナーがあって防寒性がある

●シンプルなデザインでどのバイクにも合わせやすい

KUSHITANI(クシタニ)WINTER TEAM JACKET(ウィンターチームジャケット)の残念なポイント

●インナーダウンの単品売りが2万円程度ということを考えると、このジャケット単品で

35,000(+税)円は高すぎる気がします……

●高額な割には透湿性が低いですね。これより断然安価なモデルでも3,000g/㎡/24hあるジャケットはいくらでもあります。

●透湿防水性能は3年程度で無くなり始める




まとめ

●ハードなスポーツ走行に使うなら……

ACUTE JACKET(アキュートジャケット)がおススメ!

●軽いスポーツ走行時や運動性の高いジャケットが必要な方には……

WINTER TECH JACKET(ウィンターテックジャケット)がおススメ!

●ネームやプリントを入れてチームで揃えたい、ゆったりと着たい方には……

WINTER TEAM JACKET(ウィンターチームジャケット)がおススメ!

付属インナージャケットについて

今回紹介したジャケットのインナージャケットは、すべて同種類のダウンジャケットです。

(※注:WINTER TEAM JACKET(ウィンターチームジャケット)にはインナージャケットは付属していません!)

DOWN LIKE MID (ダウンライクミッド)という、

シンサレートという化繊でダウンを再現したジャケットです。

手入れや管理が楽でかつダウン並みの保温力があります。

●DOWN LIKE MID (ダウンライクミッド)の紹介記事はこちらから!

今回はDOWN LIKE MID(ダウンライクミッド)を紹介したいと思います。 DOWN LIKE MID(ダウンライクミッド)は、2019年からラインアップに追加されたインナージャケットのモデルです。 2018年から防寒テキスタイルジャケットのインナージャケットとして、セット販売されてはいました。

今回の紹介は以上です。次回はほかにもあるクシタニの2019年秋冬新作ウェアを紹介します!

2019年 クシタニの新作 秋冬ジャケットをチェック! その1はこちらから!

10月に入り、クシタニの各ショップにて2019年の新作の秋冬防寒ジャケットが入荷され始めています。 気になるジャケットがあれば、早いうちにお買い求めになられることをおススメします。 それでは2019年、秋冬の新作テキスタイル防寒ジャケットをチェックしていきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする