RSタイチ モトレックウィンターパーカのレビュー! サイズ感や着心地など【ブログ】




RSタイチ モトレック ウィンターパーカ

ブラックチノ

画像参照元:RSタイチ公式HP

ブラックレッド

画像参照元:RSタイチ公式HP

ブラックイエロー

画像参照元:RSタイチ公式HP

カモ

画像参照元:RSタイチ公式HP

デルタブラック

画像参照元:RSタイチ公式HP

ネイビー

画像参照元:RSタイチ公式HP

スパイダーグレイ

画像参照元:RSタイチ公式HP

RSタイチ モトレック ウィンターパーカの基本情報

■素材:<表地>ナイロン <裏地>ナイロン <インナー>ナイロン <中綿>ポリエステル

■防水透湿フィルム:DRYMASTER(ドライマスター)耐水圧10,000mm、透湿性10,000g/m2/24h

■仕様:プロテクターパッド標準装備<肩、肘、背中>肩肘はCE-1,背中はソフトパッド

■カラー:ブラックチノ、ブラックレッド、ブラックイエロー、カモ、デルタブラック、ネイビー、スパイダーグレイ

■サイズ:S、M、L、XL、XXL、3XL、4XL、WM、WL

■価格:28,900円(+税)




RSタイチの秋冬カジュアルライディングジャケット

RSタイチの秋冬用カジュアルライディングジャケットです。

柔らかい生地にスラブ調の柄が入っていて、一見するとライディングジャケットには見えません。

ですが、立体裁断、肩肘背中にプロテクターが装着、防水透湿防風、

とライディングジャケットに必要な機能はすべて備えています。

RSタイチ モトレック ウィンターパーカのサイズ感

●着用時のサイズ感

着用者の僕は身長185cm 体重75Kgです。

・XLの場合

袖の長さはちょうどいいのですが、お腹回りはちょっと隙間が空いてしまいます。

・Lサイズの場合

お腹回りの隙間は減っていいのですが、袖が短いです。

●お腹回りのサイズがちょっと大き目

ちょっとお腹回りの寸法がちょっと大き目ですね。

このジャケット、一応中綿入りインナーが付属しているのですが、このインナーがペラッペラです(笑)

お腹周りとジャケットの間に隙間ができてしまうのは、そのせいですかね。

●お腹周りのサイズ感を調整する方法がない

残念なのが、胴回りを調整できるタブか、ドローコードが付いていないこと。

これでは調整のしようがないので、このまま走行するとお腹周りの隙間からが寒風が侵入しやすく、お腹が冷え切ってしまいます。

これがどういう設計はわからないのですが、中にもう一着インナーを着るのが前提なのかもしれません。

●おススメのインナーはクシタニのインナージャケット

グレーダックダウンミッド

2019年からラインアップに追加された防寒インナージャケットのモデルのうちの1つです。 もともとは、ALOFT JACKET(アロフトジャケット)の付属インナージャケットでした。 今回はGRAY DUCK DOWN MID(グレーダックダウンミッド)のインナージャケットとしての性能を掘り下げていきたいと思います。

ダウンライクミッド

今回はDOWN LIKE MID(ダウンライクミッド)を紹介したいと思います。 DOWN LIKE MID(ダウンライクミッド)は、2019年からラインアップに追加されたインナージャケットのモデルです。 2018年から防寒テキスタイルジャケットのインナージャケットとして、セット販売されてはいました。

これらのインナージャケットを中に着る場合は、付属している脱着式インナーは外した方がいいと思います。

腕まわりがけっこうキツくなるためです。

●mont-bell(モンベル)のベストもおススメ

腕部はぴったりだったので、ベストのような袖なしのインナーの方が良いかもしれませんね。

保温インナーのベストは、フリースやダウン含めて、mont-bell(モンベル)が非常に豊富な品揃えですので、モンベルで探してみることをおススメします。




RSタイチ モトレック ウィンターパーカの着心地

●非常にやわらかく、ストレスのない着心地

生地が非常に柔らかくて着心地はいいですね。

ライディングウェアによくある固さがありません。

ジャケットの質感は、2018年のADORE JACKET(アドーレジャケット)によく似ています。

クシタニの防寒ウェアは優れているものが多く、人気商品がたくさんあります。今回はその中でも2018年の秋冬に新作として発売され一躍人気商品となったADORE JACKET(アドーレジャケット)を紹介したいと思います。

材質は全然違いますけどね。

2019年度版のADORE JACKET(アドーレジャケット)はまた質感が違います。

その分摩耗性や引裂き強度などの生地の強度はかなり劣るので、その点は注意が必要です。

●パーカーの口元部分がフリース生地になっていて、口元の触感がいい

個人的にいいなと思ったところで、口元に当たる部分にフリース素材が使用されています。

口元にあたる触感が柔らかくて、ファスナーを締め上げたときに、襟の部分が口元に当たっても嫌な感じがしません。

これがあるとないとじゃ結構違うんですよね。

●普通の服と比べたら重いけど、ライディングジャケットとしては普通の重さ

重量は1.5Kg程度なので、ライディングジャケットとしては軽~普ぐらいの重量だと思います。

着ていてもそこまで重いという感じはしないです。

重さを感じにくいのは生地に固さが無く、肩回りにストレスが無いことも影響していると思います。

RSタイチ モトレック ウィンターパーカの防水透湿はDRYMASTER(ドライマスター)

モトレックウィンターパーカには、RSタイチ独自の防水透湿フィルム、「DRYMASTER(ドライマスター)」が採用されています。

HPには記載されていませんが、メーカーに直接確認したところ、DRYMASTER(ドライマスター)を使用してるとのことでした。

●DRYMASTER(ドライマスター)耐水圧10,000mm、透湿性10,000g/m2/24h

独自の名前が付けられていますが、PU(ポリウレタン)処理の1種です。

●耐水圧は最低限のレベル

耐水圧に関しては雨の中を走る場合としては最低限の耐水圧ですかね。

雨の中安心してライディングするためには、耐水圧は最低20,000mm程度は必要です。

耐水圧10,000mmという数値は、小雨程度や、急な雨に対応する程度の耐水圧です。

また、このジャケットはレインスーツではないので、防水構造がしっかりしていません。

そのため、低速で走行していても雨水が侵入する場合があります。

ですので、雨が降ってきたときは、あくまでその場しのぎとして頼るにとどめて、

雨の中を長時間走行するのはやめたほうがいいでしょう。

バイクウェアに必要な耐水圧について知りたい方は、こちらの記事からどうぞ!

●透湿性は優秀

透湿性に関しては優秀だと思います。

透湿性が10,000g/m2/24hあれば、だいぶ蒸れ(ムレ)を感じにくくなると思います。

この手のカジュアル寄りなライディングジャケットって、デザインは優れていても、

機能性が劣っていることが多いです。

カジュアル寄りなライディングジャケットで透湿性が10,000g/m2/24hあるものは、

あまりないんじゃないでしょうか。

快適性の指標の1つである透湿性が優れていると、

日中の気温が高い時や、外から暖房の効いている店内などに入った時に、

汗をかいても蒸れにくいので、使い易くていいです。

ただ、この防水透湿性は、ポリウレタンによるものなので、加水分解の運命からの逃れることはできません。

大体、製造から3年程度で防水透湿性の消失が始まりますので、注意が必要です。

購入した年は覚えておきましょう。




RSタイチ モトレック ウィンターパーカのその他の機能

●フードが脱着可能

状況に応じてフードを取り外すことができます。

●中綿インナーが脱着式

中綿インナーが脱着可能なので、春ぐらいまでジャケットを使用することができます。

ただしベンチレーションやダクトが付いていないので、最近の春の日中では暑いと思います。

RSタイチ モトレック ウィンターパーカの問題点

●裾を絞る機能がない

これがないので、胴回りの隙間を埋めるのに苦労します。

ボリュームのあるダウンジャケットやベストなどを着て隙間を埋めるのが1番いいですね。

まとめ

ライディングジャケットでありながら、カジュアルに着ることができ、

透湿性が10,000g/m2/24hあるので、快適にも着ることができます。

僕のおススメカラーは

●ブラックチノ

●ブラックイエロー

の2つ。

この2種類のみ、ツートンカラーのデザインなので、非常にカジュアルです。

モトレックウィンターパーカは、カジュアルなライディングジャケットをお探しの方にはおススメできる1着です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする