クロスオーバー メッシュジャケットのレビュー! 使用感やサイズ感など! RSタイチ-rsj320【安全性を高めたメッシュジャケット!】

今回紹介するのはRSタイチのメッシュジャケット、クロスオーバーメッシュジャケットです。

メッシュの涼しさとナイロン生地と硬質プロテクターを装備した涼しさと安全性を両立したジャケットです。

夏のライディングで

メッシュで走行中の暑さを和らげたいけど、ある程度の安全性も欲しい

という方におススメのジャケットです。

クロスオーバー メッシュジャケットのレビュー! 使用感やサイズ感など! RSタイチ-rsj320【安全性を高めたメッシュジャケット!】




RSJ320 クロスオーバー メッシュジャケット

BLACK NEON

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

BLACK/ BLUE

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

BLACK/PINK(WOMAN)

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

BLACK/RED

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

BLACK/WHITE

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

REFLECTIVE BLACK

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

WHITE/BLACK

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

WHITE/RED

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットの基本情報

■素材:〈表〉ナイロン 65% ポリエステル35%〈裏〉ポリエステル100%

■仕様:〈肩、肘〉CE(Lv2)プロテクター(脱着式)〈背中〉フォームパッド(脱着式)

■カラー:①ブラックネオン②ブラック/ブルー③ブラック/ピンク( 女性用)④ブラック/レッド⑤ブラック/ホワイト⑥リフレクティブブラック⑦ホワイト/ブラック⑧ホワイト/レッド

■サイズ:S、MS、M、L、LS、XL、XXL、3XL、4XL、WS、WM、WL、WXL

■重量:1.4kg

■価格:23,000円(+税)

■その他の機能
レディースサイズ設定有り。




安全性を高めたメッシュジャケット!

ナイロン生地を多めに使い、安全性を高めたメッシュジャケットです。

通気性ではフルメッシュに劣りますが、その分安全性が向上しています。

肘肩にはCELv2プロテクターが装備されており、プロテクターの性能も向上しています。

●メッシュ生地とナイロン生地の割合

クルーメッシュジャケットの生地の割合が

メッシュ9:ナイロン1

に対して、クロスオーバーメッシュジャケット

メッシュ4:ナイロン6

という比率になっています。

メッシュの比率が半分以下なので、風を通しにくく、速度がでない走行時は

風を感じにくいです。

メッシュ生地が少ない分、ジャケットの質感はこちらのほうが上です。

RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットのサイズ感

●着用時のサイズ感

着用者の僕は身長185cm 体重75Kgです。

・XXLの場合

全体的に少し余裕があります。着用時のシルエットはちょっとゆったり目です。

サイズ感に余裕がある分、肩や肘のプロテクターの圧迫感をほぼ感じないので、着心地は良いです。

お腹周りのサイズ感はかなりゆったり目です。

そのままだとかなりバタついてしまいますが、

一応上腕、腕が、腰すそがタブで絞る調整が可能です。

しかし僕の体のサイズではちょっと大きすぎるかな、という印象でした。

・XLサイズの場合

ちょっとタイトかな、と感じました。

着用時のシルエットは普通です。

ダボ付きはありません。

ちょっとタイトですが、肩の後ろから脇の下にかけて、蛇腹状のストレッチ生地が使用されており、窮屈感はありません

袖の長さもちょっと長めで、バイク乗車時の前傾姿勢のときに手首が露出することもありません。

裾は長すぎず短すぎず、ベルトよりチョイ下ぐらいの位置です。

●サイズ感はタイトだがストレッチ素材のおかけでつっぱらない

クロスオーバーメッシュジャケットには、

肩周りから脇の下にかけてストレッチ素材が使用されています。

そのためサイズ感がタイト気味でも、肩や腕周りに窮屈さは感じません。

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

肩周りから脇下にかけて蛇腹状のストレッチ素材が使用されているため、窮屈になりにくい

自分の場合、RS タイチのジャケットは

肩周り、胸、上腕あたりのサイズ感がタイトです。

そのため、体のサイズ的にはXLサイズなのですが、

肩周りの窮屈感を嫌って、大体選ぶときはXXLサイズにしています。

クロスオーバーメッシュジャケットも、本来ならXXLサイズを選ぶのですが、

今回は1サイズ小さいXLでも問題なく着ることができました。




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットの着心地

●ストレッチ素材が使用されているため窮屈感がない

クロスオーバーメッシュジャケットはナイロン生地を多めに使用しているため、

バイクジャケット特有の硬さがありますが、

肩のうしろから脇の下にかけてストレッチ素材が使用されているため、肩周りがよく動きます。
そのため動きにくさを感じにくいです。

●各部のバタつきを調整可能

上腕、腕、腰すそをタブで調整可能です。

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

ばたつきを軽減する腕のタブ。画像では腕のみだが、上腕部と腰部にもタブがある

そのため、走行中の風によるばたつきを抑えられるので、走行中の不快感を抑えることが可能です。




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットの安全性

●ナイロン生地の比率が高い

クロスオーバーメッシュジャケットは、メッシュジャケットに分類されますが、

それほどメッシュ生地の比率が高くありません。

クロスオーバーメッシュジャケットの生地の比率はメッシュ4:ナイロン6

となっています。

参考までに、RSタイチのラインアップで最も涼しいメッシュジャケットである、

クルーメッシュジャケットの割合がメッシュ9:ナイロン1です。

メッシュよりも強度の高いナイロン生地の比率のほうが高いので、

ジャケット自体の耐摩耗性や引き裂き強度などは、フルメッシュよりも断然高いです。

●肩肘のプロテクターはCE-Lv2プロテクター。胸部プロテクターも装備可能

肩肘のプロテクターは標準でCE-Lv2のプロテクターです。

背中は柔らかいフォームパッドですが、別売りのCEプロテクターに変更可能です。

胸部プロテクターは付属していませんが、別売りのものを装備可能です。

●安全性を重視される方は、 RSタイチの別のメッシュジャケットがおすすめ!

クロスオーバーメッシュジャケット自体安全性に重きを置いたジャケットではありますが、

これよりもさらに安全性に重きを置いたメッシュジャケットがRSタイチのラインアップにはあります。

もっと安全性を重視したメッシュジャケットがご希望の方はそちら方も見られたほうがいいです。




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットの真夏での使用感

●メッシュジャケットではあるが、メッシュの比率は高くはない

クロスオーバーメッシュジャケットは、メッシュジャケットに分類されてますが、

それほどメッシュ生地の比率が高くありません。

生地の比率はメッシュ4:ナイロン6となっています。

RSタイチのほぼフルメッシュのクルーメッシュジャケットが

割合でいうとメッシュ9:ナイロン1です。

高速道路など、速い速度で走行可能な場所では風を感じられると思いますが、

速度の出ない市街地走行などでは風を感じにくく、暑いです。

さらにこのジャケットのカラーラインアップはほとんどが黒がメインカラーなので、

信号待ちや低速走行時は熱がこもってさらに暑く感じます。

正直真夏はフルメッシュ着ていても暑いので、

このメッシュの量だと涼しさに関してはないよりあったほうがマシ程度に思ったほうがいいです。
メッシュジャケットではありますが、涼しさよりも安全性に重きを置いているジャケットです。
使用するなら高速道路メインのツーリングなどがおすすめです。

●正直夏はフルメッシュジャケット着てても暑い

ただし、フルメッシュジャケットを着れば夏でも涼しく快適に走れるか、と言われると……

正直真夏はフルメッシュ着ていても暑いので、

クロスオーバーメッシュジャケットのメッシュの量だと涼しさに関してはないよりあったほうがマシ程度に思ったほうがいいです。
メッシュジャケットではありますが、涼しさよりも安全性に重きを置いているジャケットです。
使用するなら高速道路メインのツーリングなどがおすすめです。

●真夏で少しでも快適に走りたいならインナー選びも大事

真夏でのライディングで少しでも暑さを和らげる場合は、メッシュジャケットの

下に着るウェアも重要になってくるでしょう。

吸汗速乾に優れたインナーを着用し、なるべく汗が乾きやすい状態にすれば、

風は涼しくありませんが、不快感はかなり減らすことができます。

●UVカット加工されていないため、ジャケット下は長袖がおすすめ

どのフルメッシュジャケットもそうですが、基本的にはUVカット加工されていません。

フルメッシュジャケットは、生地の目の穴が大きいため、紫外線を通しやすいです。

できるならば、日焼けを防ぐために、長袖のUVカット加工が施されたシャツなどを
着用したほうがいいです。

個人的には、モンベルのクールパーカーがおすすめです。

長袖で、UVカット加工が施されており、吸汗速乾、防臭で、パーカータイプなので、

クルーメッシュジャケットを脱いでも、インナー感がありません。

●暑さ対策のインナーはこちらで紹介しています!

今回は春夏秋に、バイクに乗るときに活躍するインナー(アンダーウェア)を紹介します。 今回はバイクに乗るときだけではなく、普段から使用可能なことを前提にして選びました。 バイクに乗るとき、インナー(アンダーウェア)を着用することで、ライディングがだいぶ快適になります。 




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットのレディース

●レディースサイズは3種類あり豊富

クルーメッシュジャケットにはレディースサイズが設定されています。

レディースサイズは、WS 、WM、WLです。

カラーリングは、ブラック/ピンク( 女性用)、ホワイト/ブラック、ホワイト/レッド、リフレクティブブラックの4種類です。

ブラック/ピンクは女性専用のカラーリングですが、その他の3色は共通カラーです。

3種類も設定されているので、ぴったりなサイズのジャケットを選ぶことができるはずです。

画像参照元:RSTAICHI 公式HP

ブラック/ピンクは女性専用に設定されたカラーリング

●女性用はサイズも専用設計!

女性用ジャケットは、ただサイズが小さめというだけでなく、女性の体型に合わせたシルエットになっています。

そのため細めのすっきりとしたラインのジャケットになっています。




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットの洗濯

●自宅で洗濯可能

特殊な生地を使用しているわけではないので、自宅で問題なく洗濯可能です。

ただし、生地の劣化を防ぐために気をつけるポイントがいくつかあります。

●洗濯は弱、またはおしゃれ着用で

ジャケットへのダメージを最小限に抑えるために、洗濯機のモードは、弱または、デリケートな衣類を洗濯する場合のモードにしたほうがいいです。

●洗剤は中性洗剤、できればおしゃれ着用で

できるなら衣類に優しい中性洗剤を使用したほうがいいです。

エマールやアクロンでいいと思います。

●ジャケットは洗濯ネットに入れて、裏返す

デザインの表側生地へのダメージを最小限にするために、

洗濯ネットに入れて、なおかつ裏返した状態で洗濯したほうがいいです。

そうすることによって、ほつれや毛玉などの生地のくたびれ感を少なくすることができます。。

繰り返し洗濯していると、これをしているのとそうでない場合とでは、大きな差になって現れてきます。

ジャケット自体はそれなりの値段がするので、できることなら、

なるべく、いい状態で長く使用したいですよね。

上記のポイントをおさえて洗濯していただければ、繰り返し洗濯しても生地が痛みにくいです。




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットの問題点

殆どのカラーリングが黒を基調としていることでしょうか。カラーラインアップは豊富なのに、あまり変わり映えしないのが残念です。

また、黒は夏の市街地走行などでかなり熱を持って暑くなるので、(信号待ちはヤバい……)

メインカラーが黒以外のカラーをもっと揃えて欲しかったですね。




RSJ320 | クロスオーバー メッシュジャケットのまとめ

軽くて薄いメッシュジャケットがほしい、という方におすすめです。

デザインはスポーティーなので、バイクとの相性があるかもしれませんが、

メッシュジャケットの中でも軽くて薄い部類に入るので、
とにかく夏のライディングの暑さを和らげたいという方にオススメの1着です。

イチオシポイント!

・安全性と通気性の両立

・ストレッチ素材が使用されており、運動性能が高い

・サイズが非常に豊富

残念なポイント

・クルーメッシュジャケットと比較すると金額が高め

クロスオーバーメッシュジャケットの性能表

防水性:☆☆☆☆☆(エアスルー)

防風性:☆☆☆☆☆(エアスルー)

保温性:☆☆☆☆☆(エアスルー)

換気性:★★★☆☆(エアスルー)

運動性:★★★★☆

防御性:★★★★☆

機能性:★★★☆☆

デザイン性:★★★☆☆