2019年 春夏新作 KUSHITANI(クシタニ) AIR CONTEND JACKET (エアーコンテンドジャケット)の紹介!レビュー、インプレ

クシタニの2019年春夏新作のスポーツライディング用のフルメッシュジャケットです。
こちらのフルメッシュジャケットは、スポーツライディング用に

現在のクシタニのフルメッシュジャケットのラインナップで、最もシンプルで、どんなバイクにも合わせやすいジャケットです。

軽くて涼しいフルメッシュのジャケットは夏には非常に重宝する一着になりますので、まだ手に入れていない方にはぜひおすすめの一着です。

AIR CONTEND JACKET (エアーコンテンドジャケット)

画像参照元:KUSHITANI公式HP

レッド(実物は朱色に近い赤です。スカーレットともいうのかな?)

ネイビー(実物はもう少し濃い色です)

ホワイト

ブラック(スラブ柄無し)

ヨシムラバージョン

KUSHITANI(クシタニ) FULL MESH JACKET (フルメッシュジャケット)基本情報

■素材:表〉ポリエステル100%(メッシュ)、内襟/ポリエステル100%、別布/ナイロン100%、ストレッチ部/ナイロン96%,ポリウレタン4%〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ)

■仕様:〈肩、肘、背中〉CEプロテクター(脱着式)

■カラー:①ブラック(スラブ柄無)②ホワイト③レッド④ネイビー

■サイズ:M、L、LL、XL 

■重量:1.5 Kg

■価格:3,5000円(+税)

=====メーカー説明=====

メッシュ生地にスラブ柄プリントを施したスポーツラインディングジャケット。

ナイロン素材やニット素材とのハイブリッド仕様で強度や運動性能を高めています。

CEプロテクションを採用して安全性能も向上させています。

出典:KUSHITANI 公式 HP

クシタニの販売するスポーツライディング用メッシュジャケット

クシタニの販売するメッシュジャケットは現在3種類展開されています。(※2019年時点)

●ノーマルタイプ:フルメッシュジャケット(フルメッシュ+一部素材にストレッチニット使用)

●カジュアル向け:フルメッシュパーカージャケット(フルメッシュ)

●スポーツ走行向け:エアーコンテンドジャケット(フルメッシュ+一部パーツにニットやナイロン素材使用)

これらの中でもっともスポーツ走行に適したメッシュジャケットがエアーコンテンドジャケットです。

KUSHITANI(クシタニ) AIR CONTEND JACKET (エアーコンテンドジャケット)のデザイン

今回紹介するエアーコンテンドジャケットはバリバリのスポーティーなメッシュジャケットです。

全体的にラインを意識したデザインとなっており、それらがジャケット全体のスポーティーさを演出しています。

1.胸や肩、脇にメインカラーとは別の色でライン状の装飾

2.フロントファスナーやサイドファスナーもメインカラーとは別のカラーリングで、ファスナー自体をライン状のデザインとしている。

また、「MOTO PERFORMANCE」というロゴが両腕と左胸にでかでかと入っており、これらのロゴもこのジャケットのスポーティー感を高めています。

このジャケットにもスラブ調のプリントが施されています。(ブラックを除く)そのため色合いに奥行きが生まれ、ジャケットにはスポーティーながらもちょっとした洒落た印象が加わっています。

KUSHITANI(クシタニ) AIR CONTEND JACKET (エアーコンテンドジャケット)のサイズ感

スタイルは細目です。

フルメッシュジャケットフルメッシュパーカージャケットと比べるとスポーツ走行用のため、同じサイズでもこちらの方が細身です。

着用すると体のラインがはっきりと出て、肩部が強調されるのでマッシブなスタイルになります。

ただ、脇下から脇腹にかけて大型のストレッチ素材を使用しているため、その細身のシルエットとは裏腹にあまり窮屈さを感じません。

肩の動きに合わせてジャケットが伸びてくれるので、ライディング時の姿勢を取っても突っ張ることがありません。

購入する際は店舗で試着されることをおススメします。

SSタイプのバイクに乗られている方やスポーティーなデザインが好きという方におススメのメッシュジャケットです。

KUSHITANI(クシタニ) AIR CONTEND JACKET (エアーコンテンドジャケット)の性能と機能

●メッシュの生地(メインカラー部)

・表地 厚さは普通。ハリがあり、感触は固い。

・裏地 吸汗速乾の薄く柔らかいメッシュ 

●手首から肘にかけての後ろ半分

・強度のあるナイロン生地

脇下から脇腹にかけて

・ナイロン96%,ポリウレタン4%で良く伸びる生地

メインカラー部はメッシュですが、要所要所はナイロン生地で補強されています。

ジャケット自体の強度、防御性能は、通常のジャケットよりも劣りますが、フルメッシュジャケットフルメッシュパーカージャケットと比べると断然こちらの方が上です。

大部分がメッシュであることには変わりはありませんが、CEプロテクターを装着している関係か、他のメッシュジャケットよりも重いです。

フルメッシュジャケットフルメッシュパーカージャケットは1.5Kg程度ですが、エアーコンテンドジャケットは1.8kg~2.0kg程度あると思われます。

また、ジャケット自体は薄いのですが、背中にCE規格のプロテクターが付いていて、これが硬質なので曲がりにくいです。

そのため、フルメッシュジャケットフルメッシュパーカージャケットと比べて丸にくく、ちょっと嵩張ります。

●胸部プロテクターを装着可能

画像参照元:KUSHITANI公式HP

プロテクター装着用のベルクロが胸に付いていおり、対応した胸部プロテクターを装着可能です。

クシタニの場合は、コロイドブレストパッドとレーシングブレストパッドです。

公道走行の場合は、CE規格を取得しているコロイドブレストパッドの方を選ぶことをおススメします。

●大型のストレッチパーツにより運動性が向上

画像参照元:KUSHITANI公式HP

エアーコンテンドジャケットは腕から脇を通って脇腹まで大型のストレッチパーツが使用されており運動性能が非常に高いです。

※黄色で示した範囲がストレッチパーツが使用されている範囲です。

この機能のおかげでライディング時の独特な姿勢である、腕を前に出して固定した状態をとっても肩回りのツッパリ感がありません。

ご経験のある方もいらっしゃると思いますが、長時間のライディングでは、このツッパリ感は肩回りを圧迫して肩こりなどの疲れの原因になります。

またスポーツ走行時の腕を軸にして体をダイナミックに動かす際にも、ジャケットが邪魔になりません。

そのためライディングのみにより集中することができます。

ジャケット自体が伸びる素材ではないため、部分的にストレッチ素材を使用して

動きの制限をなくしているのは優れた配慮だと思います。

●インナーに合わせて身幅の調整が可能

画像参照元:KUSHITANI公式HP

見幅を調整するためのボタンタブが片脇にそれぞれ2つずつ付いています。

そのため、ジャケットをより体にフィットさせることができ、走行時のバタつきを防止すると共に、スポーツライディング時の動きの際に邪魔になるのを防ぎます。

●前傾しても邪魔にならない前立て

画像参照元:KUSHITANI公式HP

前立てが中間部でくびれているので、前傾姿勢をとっても前立てが折れ曲がって邪魔になることがありません。

特にSSタイプのバイクでは常に前傾姿勢でいるので、地味ですが、この機能は嬉しい配慮です。

●首周りは柔らかいニット素材

画像参照元:KUSHITANI公式HP

首周りには柔らかいストレッチ素材が使用されています。

さらに肌触りもGOOD.汗をかいてもべたつきません。

SSタイプのような乗車時に前傾姿勢を強いられるバイクに乗っていて、首が上がるような姿勢でも、首が痛むのを防ぐことができます。

地味な配慮ですが、こういうことでもスポーツ走行時の集中力が妨げられる場合があります。

スポーツ走行時に走り以外のことに気が散らないようにするために、こういった細かい配慮は助かります。

さすがクシタニですね。

●背中のデザインはリフレクター機能付き

背中に付いてるデザインはリフレクター機能が付いています。

小さいですが、これでもライトに照らされるとしっかりと光を反射して、存在を示してくれます。

●ボタンで身幅調整や裾幅調整が可能

裾と脇腹のあたりにそれぞれ身幅を調整するためのボタンタブが付いています。

さらに上腕部にも袖幅を調整できるタブが付いています。

そのため、エアーコンテンドジャケットは他のメッシュジャケットよりも、より体にフィットさせること可能です。

走行中の風によるバタつきや、スポーツ走行中の体の動きによるジャケットの動きを最小限に抑えることができます。

KUSHITANI(クシタニ) AIR CONTEND JACKET (エアーコンテンドジャケット)の性能と機能の問題点

●UVカットが付いていない

フルメッシュでジャケット自体も薄く、透光性が高いのですが、残念ながらUVカット機能は付いていません。

UVカット機能が付いたインナーを着用することをおススメします。

●他のフルメッシュジャケットと比べてちょっと高額

他のメッシュジャケットとの金額を以下に比較しました。

フルメッシュジャケット 価格:2,6000円(+税)

フルメッシュパーカージャケット 価格:2,8000円(+税)

エアーコンテンドジャケット 価格:3,5000円(+税)

フルメッシュジャケットと比較して9,000円、フルメッシュパーカージャケットと比較しても7,000円高いです。

結構な差ですね……

エアーコンテンドジャケットが高い理由としては、様々な材質の生地を使用しているためパーツ数が多いこと、CE規格のプロテクターを使用していることが挙げられます。

まあメッシュプロテクターとCEプロテクターの価格差なんて2,000円程度ですから、正直それを差し引いてもちょっと高めかな……とは思います。

●人によって好みの分かれる「MOTO PERFORMANCE」のロゴ

これは本当に好みの問題なのですが……

両腕と左胸にある「MOTO PERFORMANCEの主張が中々激しいです(笑)

このロゴはジャケットのスポーティーさを高めるのに一役買っているのですが、

中々主張が激しいので、人によってはこのロゴを煩わしく思われる方もいます。

ちなみにですが、僕は「MOTO PERFORMANCEいらない派ですね~。

やっぱちょっと主張が激しいですね……

無くても十分スポーティでカッコいいジャケットだと思います。

===番外編:メッシュ生地の問題点===

●虫が付着した場合に取るのがかなり面倒……

これはフルメッシュのジャケットやパンツのすべてに言えることですが、虫の死骸が付着した場合にきれいに取るのがかなり面倒です。

メッシュの網目の中まで入り込んでしまうため、剥がしても残ってしまうことが多いです。洗えばちゃんと取れるので問題ないのですが、出先では難しいです。

ウェットティッシュなんかを携行していると、出先での処理に便利かもしれません。

クシタニのエアーコンテンドジャケットのまとめ

今回はクシタニのエアーコンテンドジャケットについて紹介しました。

値段はほかのメッシュジャケットよりも高いのがネックですが、その分ジャケットの完成度は非常に高いです。

機能的な問題点も特に見当たりません。

スポーツ走行される方やSSタイプなどのスポーツ型のバイクに乗られている方には本当におススメの一着です。

この商品は4月入荷で生産数もあまり多くないです。

ただ、フルメッシュパーカージャケットフルメッシュジャケット

は人気が高く、夏前には大体店頭から姿を消すのですが、

このエアーコンテンドジャケットは初夏のあたりでも店頭に残っていることが多いです。

恐らくは他のメッシュジャケットに比べて高額だからでしょうね。

まあそれでも夏に近づくにつれてサイズがなくなっていきますので、購入しようと考えている方は早めに購入された方がよいと思います。

LL,XLなどの大きいサイズは先に完売しやすいので、注意が必要です。

最寄りの店舗にサイズがなくても、クシタニの別店舗から取り寄せ可能な場合もあります。

無くてもあきらめずに店員さんに聞いてみたほうがいいでしょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

●ゆったりとした着心地のメッシュジャケットをご希望の方は↓

クシタニ フルメッシュジャケットの紹介!

●カジュアルなメッシュジャケットをお探しの方は↓

クシタニ フルメッシュパーカージャケットの紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする