【バイク】夏、暑さ、ベタつき、ムレ対策、mont-bell (モンベル)ウィックロンソックスの紹介!レビュー、インプレ

大量に汗をかく夏の季節。

万が一のときのため、夏でもしっかりとしたシューズやブーツを履く必要があります。

そのため夏は足が汗で濡れて蒸れ(ムレ)てしまう……

表面がメッシュ素材や、パンチングが施された夏用のライディングシューズやブーツを履けば、走行中はある程度マシになります。

しかしバイクを降りた後や停止中はやはり汗が噴き出してきます。

靴下は蒸れ(ムレ)やすくて中々乾かず、一度汗をかくと不快な時間がしばらく続きます。

そんなときにとても役に立つアイテムが、

今回紹介するmont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスです。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックス

1.トラベルソックス

 

チャコールグレー

画像参照元:mont-bell公式HP

 

2.トラベルソックス 5トゥース(5本指)

 

インディゴヘザー

画像参照元:mont-bell公式HP

 
3.ウォーキングソックス

 

ブラック

画像参照元:mont-bell公式HP

2.ウォーキングソックス 5トゥース(5本指)

 

バーントオレンジ

画像参照元:mont-bell公式HP

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの基本情報

■材質:ウィックロン(アクリル、ナイロン、ポリエステル、ウール、ポリウレタン)

■サイズ:S(22~24cm)、M(24~26cm)、L(26~28cm)ウォーキングソックスのみXL(28~30cm)

■カラー:

トラベルソックス

通常

5本指:チャコールグレー、インディゴヘザー、シルバー

ウォーキングソックス

通常

5本指

■平均重量:

・トラベルソックス:57g~59g

・ ウォーキングソックス:63g~75g

■価格:

・トラベルソックス 1,100円(税別)

・トラベル5トゥースソックス 1,400円(税別)

・ウォーキングソックス 1,300円(税別)  

・ウォーキング5トゥースソックス 2,300円(税別)

■機能 フルサポートフィットシステム/補強(下部)

—–メーカー説明—–

耐久性と吸汗性・速乾性を併せ持つ高機能素材ウイックロン®を使用したソックスです。

トラベル ストレッチ性に優れ、通勤や通学などに最適です。

ウォーキング 長時間の歩行をポートする、弾力性に優れたパイルを足底部分に備えています。

参照元:mont-bell公式HP

※上記のほかに「トレッキング」という名称の付いたソックスもあります。

こちらは登山用なのでかなり厚手です。夏での使用には適さないです。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスのトラベルソックスとウォーキングソックスの違い

画像参照元:mont-bell公式HP

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスで夏の足の汗の不快感をなくそう!

●生地には抜群の吸汗性と速乾性のwickron(ウィックロン)を採用

画像参照元:mont-bell公式HP

ウィックロンは吸水拡散性と速乾性に非常に優れており、汗をかく夏場での使用にぴったりな素材です。

さらに防臭性にも優れているので、厚手のライディングシューズを履いていても、臭いにくいです。

●たとえ真夏でもしっかりとしたライディングシューズを!!

真夏は、ついランニングシューズのような薄手でのシューズでバイクに乗りたくなってしまいます。

しかし万が一の場合、最悪の事態になる恐れがあります。

(転倒時に足首から下が、かなりひどいことになります……冗談抜きで最悪切断もあり得ます……

僕の知り合いはカブ乗車時に、ランニングシューズで転倒して足首にボルト入れる羽目になりました……)

なので真夏でも厚手のバイク用のライディングシューズを履いた方がいいです。

もちろん厚手のライディングシューズでも夏用はあります。

僕のおススメはクシタニのフローシューズです。

以下のリンク先で紹介しているのでよかったら見てください!

2019年 クシタニ 新作 春夏ウェア 気になる新作をチェック! 番外編 FLOW SHOES(フローシューズ)

 

画像参照元:クシタニ公式HP

●夏用のライディングシューズは涼しそうに見えても実は暑い

夏用のライディングシューズはパンチングや表の素材の一部がメッシュになっていて見た目は涼しそう。

しかし実際使用してみるとあんまり涼しくありません(笑)

主な理由は以下の3つです。

・メッシュやパンチングは強度確保のため一部パーツにしか使用されていない。

・防御性重視のためシューズ自体が厚い

・シューズは常に足と密着しているので風が通り抜けにくい

特に大型バイクなんかはエンジン自体の排熱がものすごいです。

シューズに当たる風は、ほぼ熱風です。涼しくも何もありません(笑)

足は通常時でも一日にコップ一杯分の汗をかくといわれています。

夏は結構汗をかいてしまいます。

汗をかいて蒸れ(ムレ)てしまうと、雑菌が発生して悪臭のもとになります。

そうすると1日のツーリングの後、

シューズを脱ぐころには、足が悪臭を放ってしまうわけです……

それは何としても避けたいですね。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは汗をかいてもすぐに乾いて蒸れ(ムレ)にくい!

●ムレやすい厚手のライディングシューズと相性ピッタリ!

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは吸汗性と速乾性に非常にすぐれています。

そのため、汗をかいてもジメジメとしずらく、またムレにくいです。

真夏でも厚手のライディングシューズを履かなければならにライダーにとってはぴったりと言える靴下です。

wickron(ウィックロン)は防臭性があり臭いにくい。しかもその効果は光触媒で半永久的に続く!

●優れた防臭性

ロングツーリングではライディングシューズを履いている時間が長いです。

バイクを降りた後もシューズを履き替えるという方はあんまりいないでしょう。

厚手のライディングシューズで歩いていれば汗もかなりかきます。

そのため、靴の中は蒸れ(ムレ)やすいです。

ムレると雑菌が発生して悪臭のもとになります。

旅先で靴を脱ぐときに靴下が臭ったら嫌ですよね(笑)

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは防臭性に優れているので、1日中歩き回らない限りはそうそう臭いません。

●防臭性のメカニズム

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは光触媒による防臭機能を備えています。

—–メーカー説明—–

光に当たることで、においの元を分解する「光触媒効果」を持った粒子を繊維に練り込んでいます。洗濯を繰り返しても消臭効果は衰えず、半永久的に持続します。

参照元:mont-bell公式HP

この光は、太陽光でも蛍光灯の光でもOKです。

●光触媒の仕組み

画像参照元:i-DASH公式HP

●蒸れ(ムレ)やすい方や、防臭性を高めたい人は、5本指のソックスがおススメ!

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスには、通常のソックスと

5本指タイプのソックスがラインアップされています。

トラベルソックス(薄手/パイル無し)

ウォーキングソックス(中厚手/足裏パイル)

蒸れ(ムレ)やすい方や、防臭性を高めたい人は5本指のソックスをおススメします。

5本指の靴下にはいくつかのメリットがあります。

最も大きいメリットは、ムレにくいということです。

足で最も汗がたまりやすいのが、指と指の間です。

5本指の靴下はこの足の指と指との間の汗を吸うことができます。

そのため、通常の靴下よりもより汗を吸うことができ、ムレにくいのです。

さらに防臭効果も普通の靴下と比べて高い!

足の臭いの原因は蒸れた箇所の雑菌の繁殖です。

ムレにくい5本指の靴下は、雑菌の繁殖を抑えることができるので、結果的に防臭効果も期待できるのです。

●より防臭性の高さを求める方にはウォーキングソックスがおススメ!

普段ブーツタイプなどを履かれていて、臭いが気になる……という方には、ウォーキングソックスの5トゥースをおススメします。

ウォーキングソックスは長時間の歩行をサポートするために足裏がパイルになっていてトラベルソックスよりも厚いです。

5本指のほうがムレにくいので、より臭いにくいということは先に書きました。

そして、ソックス自体が厚い方が防臭効果が期待できます。

ソックスが厚いと、汗をよりかいてしまい、臭いが増してしまうのでは、思われがちですが、実は違います。

ソックスが厚い方がより汗を吸収することができるので、結果的に臭いにくいのです。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの履き心地

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは様々な機能が採用されており、その機能性と耐久性はもちろんですが、履き心地にも優れています。

●mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの機能一覧

画像参照元:mont-bell公式HP

では各機能の説明です。

A:テーパー形状:

開口部のゴムはあまりきつくなく、テーパードにデザインされた足首からふくらはぎの部分でずりさがりを防ぐという構造です。

そのためゆったりとした履き心地で、長時間履いていても、ゴムの跡がふくらはぎに残りません。

ただ、ずり下がりを防ぐことに関しては、ちょっと弱めかなという感じがします。

気づくとずり下がっていることが多々あります。(管理人:足のサイズ28.5cmでLサイズ着用)

B:L字パターン 

日本人のかかとに合わせた立体形状というだけあって、安価な靴下よりも断然フィット感がいいです。

C:フルサポート・フィットシステム

全体的に包み込まれるような感じがあり、足の甲やふくらはぎ部分が締め付けられるという感覚がありません。

履いていて本当に快適ですね。一回履いたら、もう他の安価な靴下には戻れない感じです。

D:補強

先端は破けやすいので補強構造が入っているのは嬉しいですね。

一足の値段が高いですが、こうした構造により耐久性が向上しているので、長く使用することができます。

E:メッシュ構造

正直足の甲部分をみてもどこがメッシュ構造になっているのわかりませんでした。ただ裏返してみると縫い方向のパターンが異なる場所があるので、ここがメッシュ構造なのでしょうか?

●男女モデルで足先のパターンが違う!

画像参照元:mont-bell公式HP

男性用(男女兼用)と女性用(S及び女性モデル)でソックスの先端の形状が異なります。

男性用は幅広、女性用は細目です。

これは男女で足の形状に違いがあるからそうです。

これにより、より抜群のフィット感を実現しています。

たしかに履いていて思うのですが、この靴下のフィット感は素晴らしです。

高い値段なだけある、と思わせてくれます。

こういった細かい部分へのこだわりはさすがモンベルといったところですね。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは、荷物を少なくしたいロングツーリングでも大活躍

●1日履いたぐらいじゃ臭わない!

WIC.(ウィックロン)ソックスは防臭性は大したもので、1日使用したぐらいでは臭いません。

(さすがに一日中歩き回った場合は臭いますが……)

普通に使用している限りでは、2日ぐらいは洗わなくても臭いを気にすることなく使用できます。

1泊2日のツーリングではこの靴下一足だけで事足りるので荷物が少なくて済みます。

また、驚異的な速乾性を誇るので、洗ってもすぐに乾きます。

2泊3日や3泊4日でも、旅先で洗濯が可能であれば、その日の終わりに軽く洗濯するだけで一夜で乾くので、一足を使いまわすことができます。

旅行用の洗剤で、洗面所で洗濯するだけでOKです。

●おススメ洗剤

ドクターベックマン 旅行用洗濯洗剤 ジェルタイプ 

画像参照元:amazon.co.jp

持ち運びに便利で旅先で手軽に洗濯ができます。

夜に干して朝には乾いているような薄手の速乾素材を使用したウェアと相性バッチリです。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは、日常でも大活躍!

●高性能でありながら、日常でも使い倒せる耐久性を持つ

バイク用のウェアは、基本ライディング時にしか使用できないものが多く、ウェア自体が高額なので、コスパが悪いという難点があります。

この靴下の素晴らしいところは、素晴らしい性能(吸汗速乾性/防臭性)を持ちながら、日常での常用的な使用に耐えうる耐久性も備えているという点です。

まあ、mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは、元来バイク用の靴下ではないのですが、機能的にはバイク用にぴったりです。

●吸汗速乾性能と防臭効果を高いレベルで備えた靴下はあまりない

吸汗速乾性にすぐれた靴下というのは結構あるのですが、それに加えて半永久的に復活する高い防臭効果を備えた靴下というのは実はあんまりありません。

ライディングシューズは熱がこもりやすく蒸れやすいので、これらの機能を高い次元で備えたmont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスは、本当にライディング用にぴったりの靴下といえます。

—-補足—–  

●一応、ライディング用靴下というものはあるのだが……

一応、ライディング用靴下というものが、一部のバイクアパレルメーカーから販売されています。

しかし、3000円と靴下にしてはかなり高額です。

耐久性についても言及がないので、通常程度の耐久性と考えると、日常使いでは使用しづらいですよね。

そうなるとコスパが良くないです。

●KOMINE(コミネ)にも靴下のラインアップがあるが……

(KOMINE(コミネ)からは、COOL MAX(クールマックス)を使用した靴下というものが一足1000円程度で販売されています。

しかし、クールマックスを使用しただけの靴下なら、ワークマンにも3足1000円程度で販売されているので、ここではライディング用靴下からは除外します。

●mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスぐらいの塩梅が良い

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスも一足1000円以上しますが、高機能で、履き心地もよく、耐久性にも優れています。

ですので、値段は高いんですけど、ライディング時にも使えるし、日常でも使えるという意味では、高すぎず、安すぎずのこのぐらいの価格がいい塩梅なのかなと思います。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの洗濯時の注意点

●柔軟剤は使用しない

これは吸汗速乾素材を使用しているもの全てにいえることですが、柔軟剤を使用すると性能が落ちます。

それは柔軟剤は生地の表面にコーティングのように残る性質のため、吸汗速乾素材の生地の目に柔軟剤が入り込んでしまい、

結果として吸水性が落ちます。

よく吸水性アップを謳う柔軟剤がありますが、基本的に柔軟剤を使用した場合は、そうでない場合に比べて吸水性が落ちます。

これに気を付けないと、せっかくwickron(ウィックロン)という高機能素材を使用しているのに、本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

●洗濯ネットに入れる

このソックスは薄手で小さいので、洗濯ネットに入れて洗濯することをおススメします。

そうしなければ毛玉が発生しやすくなってしまいます。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの問題点・良くない点

●一足が高い

普通の靴下と比べると値段が高いです。

一足1000円以上します。

安い靴下だったら3足ぐらい買えてしまう値段です。

普段靴下にはあまりお金を掛けないという方にとっては、かなり手の出しづらい価格だと思います。

靴下自体、他の衣類に比べて損耗が大きく、買い替え頻度も多いですからね。

まあその分、高機能で高耐久なので買って損という事は無いと思います。

実際に履いてみるとわかるのですが、靴下としてのつくりは、かなりしっかりしています。

トラベルソックスは、薄手でも薄すぎず、強度が確保されています。それでいて吸汗速乾性に優れています。

ウォーキングソックスは、少し厚手で足裏のパイルがしっかりしていて、歩くのが楽になります。それでいて吸汗速乾性は失われていません。

さすが登山アパレルメーカーがつくった靴下という感じです。

ですので値段にはいったん目をつむって試しに購入されてみることをおススメします。

きっと気に入って二足目も購入されるはずです(笑)

●他のものと一緒に洗いにくい

洗濯に関する制約が多めです。

これは靴下の毛玉をふせぐためのものだと思われます。

靴下自体の耐久性はかなり高いので、この洗濯表示は無視して洗っても問題ないです。

ただし毛玉ができやすくなるので、なるべく長く使用したい方はこの洗濯表示を守ることをおススメします。

mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックス まとめ

●mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの良い点

・吸水拡散性に優れるため、蒸れにくい。5本指ならなお良い。

・超速乾で洗濯後すぐに乾く。一足だけでも毎日履きまわせる

・防臭効果を備えているので臭いにくい。さらに光触媒効果で半永久的に続く

・耐久性が高く長く使用できる

●mont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの悪い点

・一足1000円以上で高額

・洗濯の制約が多い

今回はmont-bell(モンベル) WIC.(ウィックロン)ソックスの紹介でした。

バイクに乗るときは真夏でも厚手のライディングシューズを履かなくてはいけません。

安全上仕方ないのですが、やっぱり暑いです。

そんなとき今回紹介したウィックロンのソックスを履いていればムレによる不快感をかなり抑えることができます。

臭いもかなり抑えられます。

さらに普段使いでも使用できますし、一足持っているとかなり重宝すると思います。

僕は持っている靴下を全足このウィックロンのソックスに買い換えました。

防臭性にすぐれるため僕は1足を2日続けて履いています。

2日ぐらいだったら洗わずに履き続けても問題ないです。(たくさん汗をかいたとか、一日中歩き回ったという場合は洗った方がいいです!)

そのため3足程度あれば履きまわすことが可能です。

速乾性に優れるので、旅先ではこの靴下一足を使いまわすことが可能です。

そのためツーリングでの荷物を減らすことができます。

ツーリングのお供として一足持っておくことをおススメします!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする