バイクウェア 冬 防寒 バラクラバ レビュー!各社比較してみた!インプレ

冬のライディング時はとても寒い……

頭はヘルメットをかぶっているので他の部位よりは寒くなりにくいですが、ヘルメットの顎の裏はすきま風が入り込んできやすいです。

そしてそこは素肌なので、すぐに冷えてきます。

そんなときに重宝するのがバラクラバです。

頭からかぶって目のまわり以外をすっぽりと覆うあれです。

よく銀行強盗が付けてるやつです。

頭部、顔面、頸部を同時に防寒・保温できる優れものです。

別名、目出し帽、フェイスマスクとも言います。

バラクラバを使用するメリット

●ヘルメット内部の頭部をまるごと覆うことが可能

ネックウォーマーと比べた場合のメリットはヘルメットの中の頭部を覆うことが可能です。

そのため、風が直接当たる肌部を可能な限り減らすことができます。

ネックウォーマーのみだとどうしてもネックウォーマーとヘルメットの隙間から風が浸入してきてしまい、そこから冷えてきてしまいます。

素肌を完全に覆ってしまえばそれだけで冷え方は大分違ってきます。

 

●防寒と防汚を同時にできる

何を防汚するのかというとそれはヘルメットの内装です。

ヘルメットの内装はできることならヘルメットを被った後は毎回洗うのが望ましいです。

顔の肌と頭皮は肌の中でもっとも敏感で繊細な箇所です。

それらが触れるものですから、清潔でなければいけません。

1回でも被れば、肌や髪に付いた埃や皮脂が内装に付きます。

そしてそれらが雑菌を繁殖させるのです。

そして雑菌が繁殖した状態のヘルメットを被ることで、その雑菌が顔や頭皮について、ニキビなどの原因となります。

かといってヘルメットを使用するごとに内装を取り外して洗うのは手間ですよね。

なので内装に肌が直接触れないように何かを被れば、内装が汚れるのを防ぐことができます。

バラクラバであれば、内装が汚れるのを防ぎつつ、防寒の役目も果たしてくれて一石二鳥ですね。

 

●多種多様なバラクラバ販売されているので、どれがいいのか分からない……

現在、様々なメーカーからバイク用のバラクラバが販売されています。

しかしそれぞれが微妙に仕様が異なっているため、買って付けてみてから使いづらかったりだとか合わないだとかが多々あります。

僕もそうで、購入サイトの評価を見て良さそうなものを買ったはいいものの、実際に付けてみたら、使用するのに難があったということを繰り返してしまいました。

今回は僕が購入したバラクラバの使い勝手などのレビューを紹介していきます。バイク用のバラクラバの購入を考えられている方はぜひ僕のレビューを参考にしてください。

今回紹介するのは以下の4つのバラクラバです。ちなみに番号は、僕が購入した順番です。

 

1. ELF(エルフ) elf 16-1 フェイスマスク バラクラバ

 2. KOMINE(コミネ) AK-016  防寒フリースマスク 

 3. KOMINE (コミネ) AK-327 ウインター ウォームマルチ バラクラバ

 4.mont-bel(モンベル)  MC.バラクラバ

今回は以下の項目で商品の評価をしていきます。

■防寒性 ■息のしやすさ ■使い勝手 ■コスパ

最大評価が★5で最低評価が★1です。

 

 それではさっそく紹介していきます!

 1. ELF(エルフ) elf 16-1 フェイスマスク バラクラバ

正面からの写真:おでこのELFマークと首元のラインは反射材になっている

価格:1,280円(税込み8%)

サイズ:フリーのみ

ワークマンに売っていたELFのバラクラバ

ELFは巨大エネルギー企業トタル社のブランド名です。

ELFのブランド名でエンジンオイルや様々なバイクウェアを販売していることで有名ですね。

ELFの商品なので普通はバイク用品店で販売されていそうなのですが、このバラクラバはなぜかワークマンで売っていました。

しかもワークマン限定の商品であり、なぜかワークマンのオンラインショップにはラインナップされておらず、店舗販売のみという謎の扱い……

価格が1,260円とELFの商品にしては安すぎるので、最初は偽物では?

と思ったのですが、どうやられっきとしたライセンス商品らしいです。

しかしワークマンにはほんと色々なものが売っているのですね。

横からの写真:鼻から首までの筒の部分が他の製品に比べて長く、首の根本までしっかりと防寒できる

—–ELF(エルフ) elf 16-1 フェイスマスク バラクラバの評価—–

■防寒性:★★★★

値段の割には生地が厚く、しっかりとしたつくりです。

裏起毛で肌触りもなく暖かいです。「蓄熱保温」のマークが付いていましたが、そのメカニズムは説明がありませんでした。

防風機能はついていないので、寒い中長時間走っていると冷えてきます。

■息のしやすさ:★★★

口まわりは生地がダボ付くので 、息苦しさを感じるほどでもないです。

しかし立体裁断ではないので、息がしやすいというわけでもありません。

■使い勝手:★★★

頭部と首部の生地の厚さが同じなので、ヘルメットを被った時に頭部に圧迫感があります。

ミリ単位で内装の厚さを調整されている方は痛くなってしまうかもしれません。

他のバイク用のバラクラバは、ほぼすべて頭部の生地が薄くなっているのを見ると、もしかするとバイク用の商品ではないのかもしれないですね。

この商品はELFブランドですが、ワークマンに売っていましたし、バイク用と銘打ってもいなかったので。

また、頭部の生地を後ろに持っていってネックウォーマーとして使用することができません。

バイクを降りた後に首元を保温するためには別途ネックウォーマーは必要です。

■コスパ:★★★★

ELFのライセンス商品にしては価格が安いので、手に取りやすいです。

ちなみにELFからは、別のバラクラバも販売されています。

 




 

 2. KOMINE(コミネ) AK-016  防寒フリースマスク 

画像出典元:amazon

 

正面からの写真:頭頂部が尖っていてまるでストレッ●マンみたいだ

価格:1,586円(税込み8%)

サイズ:フリーのみ

amazonで最も売れているKOMINE(コミネ)のバイク用バラクラバ

こちらの商品は、安くて高品質なコストパフォーマンスに優れるバイクウェアをいくつも世に送り出しているKOMINE(コミネ)から販売されてるバラクラバです。

こちらのバラクラバはバイク用のバラクラバの中で、amazonで最も売れている商品です。(2019年 2月現在)

横からの写真:頭部は薄い生地。首部分はフリース生地が二重になっているのでとても暖かい

 

商品のパッケージ

—–KOMINE(コミネ) AK-016  防寒フリースマスク評価—–

■防寒性:★★★★★

フリース部分の生地が2重になっており、付けると非常に暖かいです。

防風性能はありませんが、フリースが2重になっているおかげで、しばらく走っていても冷えることはありません。

フリースも肌触りが良です。値段にしては非常に優れた防寒性能を持っていると思います。

■息のしやすさ:★★★

口まわりは生地がダボ付くので 、息苦しさを感じるほどでもないです。

しかし立体裁断ではないので、息がしやすいというわけでもありません。

■使い勝手:★★★

上の商品パッケージを見て頂いてわかる通り3通りの使い方ができるので、使い勝手はかなりいいです。

ただ、以下の問題のため、使い勝手の★を低くさせて頂きました。

首周りのフリースが2重になっているため、結構な厚みとなっています。

フルフェイスのヘルメットを被ると、あごの部分がかなり圧迫されます。

僕の場合はあごが強く圧迫され、走行中しばらくすると痛くなってきました。

こちらも内装をミリ単位で調整されている方が着用すると痛いかもしれませんね。

フルフェイスではなくて、ジェットヘルメットであれば、あごの圧迫感もなくなると思います。その場合は、使い勝手は★5でいいと思います。

■コスパ:★★★★★

さすがKOMINEといったところで、この値段で3通りの使い方ができて、保温力も卓越しているとは素晴らしいですね。

ただ、フルフェイスの場合は人によってはあごの部分が圧迫されて痛む場合があるので、注意してください。

できることならあごの部分はフリース1枚で、ヘルメットから外に出る部分は2重にして頂ければなお良かったかもしれません。

ジェットヘルメットの方には非常におススメのバラクラバです。

 




 

 3. KOMINE (コミネ) AK-327 ウインター ウォームマルチ バラクラバ

画像出典元:amazon

 

正面からの写真:全ての部分が同じフリース生地で構成されている。フリース生地は薄い。また、目出し部がかなり狭い。

 

価格:1,180円(税込み8%)

サイズ:フリーのみ

KOMINE(コミネ)のバイク用バラクラバ  その2

こちらの商品もKOMINE(コミネ)から販売されてるバラクラバです。

先ほどのKOMINE(コミネ) AK-016  防寒フリースマスクとの違いは、こちらは全部分が同じ厚さの薄いフリースの生地なっていることです。

—–KOMINE (コミネ) AK-327 ウインター ウォームマルチ バラクラバの評価—–

■防寒性:★★★

生地はすべてフリースで頭部も首の部分も同じ厚さです。生地の厚みは薄いです。薄いですがフリースの質がいいのか、そこまで寒くはありません。

気温5°ぐらいの中で付けて走りましたが、1時間程度なら寒さを感じないですね。それ以上は冷えてきます。気温が0°ぐらいだと30分ぐらいで冷えてくるでしょう。

■息のしやすさ:★

このバラクラバは伸縮性があるためか、結構タイトなつくりです。

そのため生地が口元に張り付いて、正直かなり息苦しいです。

鼻を出そうにも目出し部が狭いために、鼻を出すことができません。

これが原因で僕はこのバラクラバの使用をやめました。

これについては穴をあけたり、鼻や口元に余裕を持たせるなど、工夫が欲しかったですね。

■使い勝手:★

上の商品パッケージを見て頂いてわかる通り3通りの使い方ができるので使い勝手はかなりいい!

……と思いきや、この商品には大きな問題があります。

それは目出し部(開口部)の範囲がかなり狭いことです。

まず被ってから位置を調整するのに少し手間取ります。

そして位置を合わせたとしても、目出し部の両側の端が視界に入ってきて目障り。

3通りの使い方ができると書かれていますが、目出し部が狭いために、頭はおろか鼻すら出すことができず実質バラクラバとしてしか使用できない。

まあ、かなり生地を引っ張れば頭を出すことはできますが、何回か繰り返したら破れそうなんであんまりできないですね。

そしてバラクラバとして使用するだけでも、かなり息苦しいですし、使い勝手はよくないです。

■コスパ:★★

値段は安いですが正直使い物にならなかった!

もう少しお金を出して、別の商品を購入した方がよいでしょう。

 




 

 4.mont-bel(モンベル)  MC.バラクラバ

画像出典元:mont-bel

口の部分が立体的になっています

価格:2,592円(税込み8%)

サイズ:S,M,L

アウトドアブランドで有名なモンベルが販売するバイク専用バラクラバ

日本アウトドアブランドで有名なモンベル。

おもに山岳用ウェアの高機能製品を販売をしており、その点での実績は揺るがないものですが、実はバイク用のウェアもわずかにですが、取り扱っています。

その数少ないラインナップの中の一つがこのバラクラバ。

 

横から見ると口部分が立体的構造なのがよくわかります。

—–mont-bel(モンベル)  MC.バラクラバの評価—–

■防寒性:★★★★

生地は部分ごとに異なる素材を使い分けていて、頭部と口の裏部分がジオライン、首部分はシャミースというフリースが使用されています。

どちらもモンベルの独自開発素材です。

ジオライン L.Wとは……

軽量で速乾性に優れており、寒い季節の汗をかく運動や夏場のウォーター
スポーツなど、オールシーズンにおいて活躍する汎用性の高い素材です。
制菌効果もありにおいにくいです。また静電気も起きにくいです。
シャミースとは……

薄手ながら保温性にすぐれ、肌触りが優しいフリース素材です。
ストレッチ性と放湿性に優れています。

シャミースは薄いですが、ある程度の保温性はあります。

気温5°ぐらいの中で付けて走りましたが、1時間程度なら寒さを感じないですね。

それ以上は冷えてきます。気温が0°ぐらいだと30分ぐらいで冷えてくるでしょう。

■息のしやすさ:★★★★★

口元が立体構造になっていて、裏側にも一工夫あるため息は非常にしやすいです。今回紹介した商品の中では断トツですね。

裏側の口元の生地が分離しており、鼻から息が通り抜けるスペースが確保されています。この工夫の効果が絶大で、息苦しさを殆ど感じません。口元には制菌効果にすぐれるジオラインが使われているので長時間使用してもにおいにくくなっています

■使い勝手:★★★★

基本バラクラバのみとしての使用が想定されていますが、一応ネックウォーマーとして使用することも可能です。

ただコミネの防寒フリースなどとは違ってネックウォーマーとしての使用は想定されていないので、顔を出す場合は少し苦しいですね。

他のメーカーと違って、サイズ展開があるのがいいところで、S,M,Lと3サイズ用意されています。

そのため自分の頭のサイズにフィットするものを選ぶことができます。

バイク用バラクラバでサイズ展開があるのはこのモンベルのバラクラバだけじゃないでしょうか。

これはすごいありがたいことで、ヘルメット着用時の目出しの位置や鼻の位置のズレをかなり防ぐことができます。

基本ジャストフィットでいいと思いますが、ネックウォーマー風に使用したい場合は1サイズ上を選択するのが良いでしょう。

■コスパ:★★★★

値段が少し高いですね。

ですがこれは高機能性を求めた結果なので、仕方がないと思います。

高機能素材を使用しており、他のメーカーのバラクラバと違ってパーツ数も多いですし。

サイズ展開が多いのがいいですね。

また、モンベルストアに赴けば試着も可能ですので、サイズ展開の多さも含めて自分にぴったりのサイズのバラクラバを選ぶことが可能です。

なので長期的に使用するのであれば少し高い出費ですがそれだけの金額を出す価値はあるでしょう。

 




 

まとめ

今回紹介した4種類のバラクラバの性能を一覧にしてまとめました。

 

1. ELF(エルフ) elf 16-1 フェイスマスク バラクラバ

■防寒性:★★★★

■息のしやすさ:★★★

■使い勝手:★★★

■コスパ:★★★★

良い点:

値段のわりには生地がしっかりしたつくりで、裏側がすべてフリースになっており防寒性が高い

良くない点:

頭部に厚さがありヘルメットを着用したときに頭部に、痛いとまではいかないまでの圧迫感がある。

 

 2. KOMINE(コミネ) AK-016  防寒フリースマスク 

■防寒性:★★★★★

■息のしやすさ:★★★

■使い勝手:★★★ 

■コスパ:★★★★

良い点:

フリースが2重なので防寒性能が高い

良くない点:

頬から首にかけてフリースが2重のためフルフェイスヘルメットを着用したときに圧迫感がありあごが痛くなる。

 

 3. KOMINE (コミネ) AK-327 ウインター ウォームマルチ バラクラバ

■防寒性:★★★

■息のしやすさ:★

■使い勝手:★

■コスパ:★★

良い点:

薄手なためヘルメットを着用しても圧迫感を感じず、それなりに暖かい

良くない点:

目出し部分が狭く、正しい位置で着用しても、目出し部の端が視界に入る。

ネックウォーマーとしても使えると書かれているが目出し部が狭すぎるせいで頭はおろか鼻すらも出せない。

また生地が口元に張り付くため息が非常にしづらい。

 

4.mont-bel(モンベル)  MC.バラクラバ

■防寒性:★★★

■息のしやすさ:★★★★★

■使い勝手:★★★★

■コスパ:★★★★

 

良い点:

立体構造で着用感が良く、口元が分離構造になっており鼻息が通る道が確保されていて息が非常にしやすい。

生地も頭部と首部にそれぞれ高機能素材が使用されており、どちらも薄手なのでヘルメット着用時に圧迫感がない。

良くない点:

値段が少し高め。薄手なので防寒性には少し欠ける。

 

おススメのバラクラバは

mont-bel(モンベル)  MC.バラクラバ です!

使用してみて、このバラクラバがもっともヘルメット着用時のことを考えて設計されていると感じました。

やはり口元が分離構造になっていて息がしやすいのが非常に良いですね。

サイズも3種類あるので、自分にぴったりのサイズのものを選ぶことができ、ストレスなく着用することができます。

値段がほかのメーカーの商品よりも高いのがネックですが、使用しているパーツ数も多いですし、高機能素材を使用しているのでそこは仕方ないでしょう。

様々なバラクラバを購入してどうもしっくりこず、最後にたどり着いたのがこのモンベルのMC.バラクラバです。

こういう使用感が大事な商品は結局合わないと買いなおす羽目になるので、値段が安いからといって安易に手を出さない方がいいです。

モンベルのMC.バラクラバはサイズが3種類あり、全国のモンベルストアで試着可能なので、自分に合うものを見つけることができ、買い直しがなくなることで結果的に出費が減ると思います。

それに加えて商品自体のつくりもよく、性能も素晴らしいので使用すればその良さがわかると思います。

 




 

おまけ 番外編

ELF(エルフ)EF-02 立体型防風ストレッチフェイスマスク 

画像出典元:ELF(エルフ)オンラインショップ

本当はこの商品を記事に入れるつもりはなかったのですが、記事を書いている最中に見つけたので入れることにしました。

恐らくこの商品は、先に紹介したELF(エルフ) elf 16-1 フェイスマスク バラクラバの完全上位互換です。

僕自身は所持もしていないですし、試着もしていないので、この商品については簡単な紹介にのみ留めさせていただきます。

購入したら詳細なレビュー記事を書きますね。

この商品については↓のリンク先で、ライコランド埼玉店さんが詳しく分かりやすく紹介してくれています。

暖かいフェイスマスク「立体型防風ストレッチ」高い技術とテクノロジーブランドのELF製!!

リンク先:ライコランド埼玉店 Zコーナーのブログ


ELF(エルフ)立体防風ストレッチマスク 商品タグ

画像参照元:ライコランド埼玉店 Zコーナーのブログ

こちらの商品は立体裁断で防風素材、頭部は薄い生地が使われていて、鼻と口元には穴が開いていて息苦しさもなさそうですね。

値段が3,700(税抜き)とバラクラバの中では断トツで高額ですが、それに見合った機能はありそうです。

うーむ。気になる。購入して試してみたいですね。購入したらレビュー記事を載せます。

 

今回はバイク用のバラクラバを紹介しました。

こういうのは実際に着用してみないとわからない部分が多く、結局買い直して余計な出費がかかってしまうことがよくあります。

結局僕は3回買い直したので、それなりの出費をしてしまいました。

今回の商品比較で、この記事を見て頂いた方の購入の助けに少しでもなればいいなと思います。

今回も最後まで見て頂きありがとうございました。

 




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする